• 2017_01
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >>
  • 2017_03

日々の暮らし

いつか見た太陽の下で


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

自由なルーブル

彼女に逢いに ルーブルへ・・・
三角のガラスピラミッドは有名ですね。
ツアー客は並ばずに地下から入るのでこれはありがたい。
エスカレータで地上階まで行って撮った写真
11920150130.jpg

個人客は この場所から順に並んで入ります。
01202001.jpg

いよいよ 三大美人にご対面~
ドキドキ(~_~;)
12220150201.jpg

写真もOK  囲われた美術品でなく 手を伸ばせば届くほどの展示
日本では考えられない自由さ!

海から生れた愛と美の女神アフロディーテ ミロのヴィーナス
お顔は少し冷たい印象 胸も意外と小さいのね。
12920150201.jpg

ルーブル美術館も元は宮殿 その造形を活かし 像と大理石の調和に圧倒されます。
13120150201.jpg

サモトラケのニケのお勉強
サモトラケのニケ
ギリシアのオリジナル作品は、おそらく地震によって破壊されたものと思われますが、この彫像は、1863年に、エーゲ海の北東にあるサモトラケ島で、多数の破片に砕かれた状態で見つかりました。右側の翼は、唯一残存していた左側の翼を基にした石膏のコピーです。足元のセメントの台座も、近代に作られたもので、この彫像は、船の甲板を表わした彫刻に直接据え付けられていたと考えられています。この彫像は、丘の上の小堂に斜めに取り付けられていたため、右側はあまり念入りに彫り込まれていません。
「勝利」は、ギリシア語では「ニケ」と言いますが、この《ニケ》は、船の甲板で翼を広げた瞬間の姿で表わされています。「ニケ」は、その船に神の恩寵をもたらすとされています。この彫像の右手が1950年に見つかったことにより、元の身振りを再現することができるようになりました。《ニケ》はその手を広げており、「勝利」を予告しています。
まさにヘレニズム期の好みと言える派手なポーズによって、島に近づく船は遠くからでも《ニケ》を望むことができました。プロポーション、身体の形態表現、風にはためく衣襞の扱い方や、きわめて劇的な豊かな動きは、当時の写実性の追求をも物語っています。
研究者は、この彫像は、紀元前190年頃に、ロドス人が海戦での勝利を神に感謝するために奉納したものと考えています。
マルローは、この彫像が運命のいたずらによって、一部が欠けた状態になったことをむしろ歓迎し、それゆえこの作品は、西洋美術において時を超越したイコン、すなわち「運命の傑作」となったと述べています。

14020150201.jpg

13820150201.jpg

天井画も素敵です。
2015020102.jpg

人ごみをかき分け辿りついた モナリザ 
流石にこの方だけは 厳重警備(笑) 少し離れた場所からガラス越しに見学です。
14720150201.jpg

赤いTシャツのボクちゃんと大きさ比べてみると・・・
ポプラの一枚板に描かれていたと聞いたことがあります。
なので これくらいの大きさになった?

モナリザ どちらの方角から見ても 私を見つめる目線に・・・(~_~;)
20150202.jpg

お昼には 美術館の中にあるPUALで軽食を ・・・
どれにしようかな?
15420150201.jpg

長旅で野菜不足が心配なマダム達でしたので
あえてここでは このデカサラダをチョイス 海老入りサラダを注文 食べきれたのは私だけでした(笑)
201502011.jpg

ルーブルの地下ショップ
日用品もおしゃれすぎ~
15320150201.jpg

マカロンは定番ね!
15520150201.jpg

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ
  1. [ edit ]
  2. おでかけ
  3. / trackback:0
  4. / comment:14

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/02/03(火) 10:55:01 |
  3. URL |
  4. タワラジェンヌ
ルーブル・・・行ってないんですよね~
やはり、良いなあ・・・
ヨーロッパの美術館って写真OKのところ多いですね。
私も最初、びっくりしました。
余談ですが、コンサートでも写真OKなんですよ。

実は私、ルーブル行ってないんですよね~
30数年前、フリータイムを取るか、ルーブルを取るかで
フリータイムを取り、ブランドショップに走ったおばかな私です。

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/02/03(火) 16:55:39 |
  3. URL |
  4. haniwa
沖縄より遠くにいったことがないので
クロはちさんのところで楽しみま~す。

サモトラケのニケ 欠けていても素晴らしい彫刻って
万国共通ですね。
欠けている奈良の仏像を思い出しました。

ルーブルのミュージアムショップ 楽しそうね。

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/02/03(火) 19:29:14 |
  3. URL |
  4. クロはち
v-4タワさん~
日本が厳し過ぎるのかしらね~

>ルーブル行ってない
=を二回も! よほど残念だったと御察し致します。
是非リベンジしてください。
彼女がいるときに(貸出中の時もあるようですので・・・)
ルーブルには5日間ほど予定して(^_-)-☆

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/02/03(火) 19:32:44 |
  3. URL |
  4. クロはち
v-4haniwaさん~
それは意外です!
いつも行動的なお姉さんなのに・・・
一度海外に行くと 癖になりますよ。
最初 ハワイからいかがですか?
あっ でも今は海外旅行 見合わせた方が賢明かもですが(~_~;)

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/02/04(水) 15:24:39 |
  3. URL |
  4. 花ワル
パリ~~!よかったでしょう?冬のパリってなおさらお洒落な感じですね。
なんでも美味しいし、どこも絵になるし、美術館巡りだけでも何日もかかるし、パリだけでも日数要りますよね?
蚤の市とかも行かれたんでしょうね。旅日記楽しみにしてま~す。(≧▽≦)

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/02/04(水) 16:50:24 |
  3. URL |
  4. ikako-27
クロはちさんの後ろからパリの町をくっついて歩いている気分です。
ルーブル美術館見学の手引き・・なんてネットで読みながら・・(笑)
ルーブルは青少年に広く門戸を開放しているのですね。
さすが芸術の都パリですね~

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/02/04(水) 17:36:37 |
  3. URL |
  4. みん
クロはちさん、こんばんは^^
先日から、拙いブログにお越し下さりありがとうございます。
ご旅行だったのですね!パリだなんて羨ましいです。
事後報告になりましたが、リンクいただきました。
またお邪魔させて下さい♪

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/02/04(水) 18:49:23 |
  3. URL |
  4. クロはち
v-4花ワルさん~
お久しぶりです。
花ワルさんは6月に行かれましたよね。
冬のパリ 寒さ覚悟していったのですが 日本のほうが・・・寒かった。
弾丸ツアーだったので 自由時間も少なく 見れたのは予定の半分ぐらいでした。
残りの半分 またいつかリベンジしたい~
今度は 気候のよい初夏にでも(^_-)-☆
続きたっぷりあるのでまた見に来て下さいね(*^^)v

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/02/04(水) 18:56:01 |
  3. URL |
  4. クロはち
v-4ikakoさん~
ご一緒にどうぞ(*^^)v
歩いてでないと パリ楽しめませんよね。
イタリアもそうですが 街全体が美術館
ルーブルも桁が違うほど作品の数 一日二日ではとうてい見て回ることができません。
パリの学生は 美術の時間にこちらに来られるとも聞きました。
開かれたルーブルは魅力的ですね(^_-)-☆
 

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/02/04(水) 19:01:40 |
  3. URL |
  4. クロはち
v-4みんさん~
ようこそお越しくださいました。
こちらこそ どうぞ宜しくお願い致します。

何年かぶりの海外旅行 思い出たくさんできて良かったです。
この時期のパリ お花は咲いている場所少なかったのですが
シャンゼリゼ通りやセーヌ川の街路樹が マロニエ
可愛い実がたくさんぶら下がり 景色は遠くまで見渡せてよかったです。

私もリンク頂きますね。
またお越しくださいませ(*^^)v

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/02/05(木) 09:59:50 |
  3. URL |
  4. liberty
ルーブル美術館素晴らしかったですね~☆
サモトラケのニケは一昨年から一年くらいかけて
別の場所で補修をされていて見られなかったようなので、
補修が終わった後で観れて良かったですよね♪
作られた時はどんなかたちだったのか想像をかきたてられます^^
モナリザもお留守でなくて良かった。
エビ入りサラダおいしそう!

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/02/05(木) 17:29:03 |
  3. URL |
  4. クロはち
v-4libertyさん~
二ケ 良いタイミグだったのですね!
モナリザもお出かけ中もあるようで 
添乗員さんに 確認しました(笑
限られた時間でしたので チョイスしてみて回ったのですが
いつかまた行けたら 写真気にせずたっぷり楽しみたいです。

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/02/06(金) 23:04:00 |
  3. URL |
  4. ロココたえ
ルーブルは何回か行っていますが、とにかく沢山ありすぎて頭がクラクラしてきますよね。クラクラの中でとても好きだと思ったのがコローの部屋でした。ここで見たコローの絵が余りに印象的でいっぺんに好きになったのですよ。そうそう写真もokで無造作に展示してあるのもびっくりです。
私も美術館の中でお昼を食べましたが、余り覚えていません。
なんせ20年前ぐらいの話なので。
このパリで日本食のお店でドイツで親しくしていた日本人学生とバッタリ会った時はびっくりしました。次の日一緒にベルサイユに行ったことも思い出しました。

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/02/07(土) 07:42:49 |
  3. URL |
  4. クロはち
v-4ロココたえさん~
何度も行かれたロココさんに
パリ攻略法をお尋ねしていけばよかったかしら・・・
20年前の思い出も 鮮明なのは
やっぱりParisの凄さなのでしょうね。
人生一度っきり これから思い残すことなくです!

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

Author:クロはち
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

« 2017 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。